フルーツは食前に

フルーツは血糖値を上げるものだと思い込んでいる人は実は少なくありません。ですが本当はフルーツは血糖値を下げる食材なのです。そのフルーツをさらに体に良いものとして行かすためには食前に食べると良い効果を発揮します。

スイーツよりフルーツ

フルーツたくさん

フルーツを食べると血糖値が上がるといううわさが広まっていたこともあり、そのように思い込んでいた人は意外と数多く存在していたのです。しかしそれは本当に嘘で、逆に実はフルーツこそ血糖値を下げる食材となるのです。とくに食べるのに良い時間帯が食前でして、食前に食べることで消化を良くしてくれるようになります。食後に食べて悪いというわけではないのですが、食前に食べるほうが腸の中は消化モードになっていき、先に食べて得られたフルーツからの酵素が後に食べるご飯やおかずを分解し栄養素をしっかりエネルギーに変えてくれるようにしてくれます。そのためフルーツは食べた後のデザートにするのではなく、ご飯を食べる前に食するほうが体に良いのです。

糖質の取りすぎは注意

甘いものを食べるのであればスイーツよりもフルーツが体に良いといわれています。ケーキや和菓子のような砂糖を使ったお菓子を食べるとすぐに血糖値が上がってしまうのです。甘いものは別バラと言いついつい食べてしまいたくなりますが、血糖値を気にするのであればその甘いものをフルーツに変えるだけで下げることができるようになります。なぜ血糖値が上がるとだめなのか、上がることで太りやすい体質となってしまいます。ダイエットをいくらがんばっても痩せられない理由の1つに糖質の取りすぎがあげられるのです。血糖値を下げるためには糖分の取りすぎに注意が必要となります。甘いものをフルーツに変えるだけで血糖値を下げることができるので、ダイエットを考えるのであればスイーツをリンゴやオレンジなどのようなフルーツにすると良いのです。

血糖値が気になる場合

女性 不満

血糖値が気になり始めた人は、生活習慣の見直しの他に特定保健用食品を活用する方法があります。これによって、食後の血糖上昇を抑えられるというメリットが得られます。ただし血糖値を下げる薬を服用している人は、血糖値を下げすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

最近では生活習慣の乱れなどで、食生活も乱れている人が少なくありません。その中には血糖値が気になる人もいるかもしれません。気になる血糖値を何とかするためには、生活習慣の見直しが必要となりますが、それ以外にも工夫出来ることがあります。それは特定保健用食品を利用することであります。血糖値が気になり始めた人向けの特定保健用食品の成分には、グァバ茶ポリフェノールやL-アラビノース、トウチエキスや小麦アルブミン、難消化性デキストリンなどがあります。これらは糖の吸収を遅らせたり、糖を分解する消化酵素を阻害する働きなどによって食後の血糖値の上昇を抑える効果が期待されています。これらの特定保健用食品を食事と一緒に摂取することで、血糖値を抑えるメリットが得られます。

血糖値が気になり始めた人向けに販売されている、特定保健用食品が注目を集めています。実際に使用している人も少なくありません。ただしこれらの食品を使用するにあたり注意することもあります。この食品は空腹時の血糖を下げることはなく、健康な人が飲んでも心配はないとされています。しかし糖尿病の治療を受けていたり、血糖値を下げる薬を飲んでいる人は、血糖値を必要以上に下げる可能性があると言われています。血糖値を必要以上に下げると低血糖という状態を起こします。低血糖になると、冷や汗や生あくび、異常な空腹感や倦怠感などを生じます。時には意識を失ってしまうことがあるので注意することが大切です。そのため糖尿病中の人は、医師から処方された薬をきちんと使って、定期的に受診しましょう。

おすすめの記事